タウン情報

 

   『江戸川台駅』

 

・柏まで近いことから、この江戸川台駅もベッドタウン化が進んでいる。非常時の病院、休日を楽しめる公園や広場、生鮮食料品や生活必需品が揃う商店街やショッピングストア、そして幼稚園などが駅から数分の徒歩圏にあり、駅前周辺はかなり便利でお得なつくりになっているのが、この江戸川台駅の一番の魅力と言える。

 

 

↑詳しい情報は写真をクリック!!!

【江戸川台駅】

 

 

   『流山おおたかの森駅』

 

・おおたかの森とは駅の西側にある「市野谷の森」のことで、貴重なオオタカが生息していることで有名である。おおたかの森駅周辺を流山市の核として、新市街地計画が進行中で、豊かな自然が息づく穏やかな住宅都市をめざしている。当駅は東武野田線との交差乗換駅であり、つくばエクスプレスのすべての列車が停車するのがうれしい。駅舎の大きな窓からの見晴らしが良く、利用する度に心和ませてくれるだろう。

 

 

↑詳しい情報は写真をクリック!!!

【流山おおたかの森駅

 

 

 

   『柏の葉キャンパス駅』

 

・柏の葉キャンパス駅周辺には、県立柏の葉公園、東京大学柏キャンパス、千葉大学環境健康フィールド科学センター、東葛テクノプラザなど、国・県の各種機関や施設が集積している。地区の東側には国道16号が位置し、常磐自動車道の柏インターチェンジも近いなど自動車交通の要衝となっている。

 

 

                        

↑詳しい情報は写真をクリック!!!

   【柏の葉キャンパス駅】

 

 

 

   『運河駅』

 

・運河駅は、流山市の北端に位置し、1911年(明治44年)に開業した駅です。駅名の由来を、明治時代に水運の要であった歴史的遺産の利根運河にもち、現在は、東京理科大学野田キャンパスや宗教法人霊波之光の最寄り駅であり、様々な層の方に利用されている。

 

   

 ↑詳しい情報は写真をクリック!!!

【運河駅】